印鑑証明書の取得。印鑑証明書とは

会社が成立したならば、個人の口座と会社の口座はきちんと分けて管理しなければいけません

京都での会社設立代行は甲子園法務総合事務所で

京都の株式会社設立  » 法人口座の開設

金融機関で法人口座を開設しよう

会社名義の銀行口座を開設しよう

 法務局で登記簿謄本と印鑑証明書が取得できたならば、銀行で口座開設の手続を行いましょう。

 会社設立時の資本金は社長になられる方の個人の銀行口座に振り込みましたが、これは会社設立前の応急的な措置です。会社が成立したならば、個人の口座と会社の口座はきちんと分けて管理しなければいけません。

 一番最初に口座を開設する金融機関は、ほとんどの人がそのまま「メインバンク」としてその金融機関と末永い関係を気付いていくはずです。いずれは融資を申し込むケースも出てくるでしょう。また、担当者との信頼関係が深まれば、経営や税務のコンサルタントとしても金融機関を活用できます。主な金融機関の特徴は以下のようになります。

都市銀行

大都市に営業基盤を置き、全国に支店網をもつ銀行です。大企業との取引を中心としています。コンサルタントとしての経験も豊富で、広範な情報にも通じています。

地方銀行

地方都市に営業基盤を置き、一定の地域に特に力をもつ銀行です。主に中堅・中小企業を取引相手としています。

信用金庫

一定地域内の中小企業を会員とする協同組織です。会員になるには少額の出資が必要で、融資対象は会員のみです(預金はだれでもできます)。

信用組合

地域の中小企業・住民でつくられる協同組織です。預金.融資とも組合員だけが対象となります。金利は割高ですが、小口の融資を受けやすいのが利点です

郵便局

日本最大の金融機関?。現在のところ融資業務は行っておらず、売上の入金や家賃・公共料金の自動引き落とし程度しか活用できないが、民営化の内容次第では非常に使い勝手の良い金融機関に化ける可能性あり。

会社名義の銀行口座を開設しよう

 金融機関を選ぶポイントは、

  • 会社から通いやすい場所か?(会社近辺又は通勤途中で便利など)
  • 親身に接してくれるか?(一番大切)
  • インターネットバンキングなどインターネットで24時間お金の出入りが管理できるサービスを実施しているか?

 の3点です。

 最近では都市銀行や地方銀行も中小企業の取引に力をいれており、信用金庫より親身でないとはいいきれませんが、「親身」という点でいえば、やはり地域に密着した信用金庫や信用組合を選ぶのがよいといえます。

 あと(3)のインターネットバンキングのサービスも重要です。
24時間パソコンさえあれば入金を確認できるというのは非常に便利です。取引先への振り込みも銀行に行かなくてもできます。メインバンク選びで迷ったときは「インターネットバンキング」のサービスで選んでみてはどうでしょうか。

会社名義の銀行口座を開設しよう

 個人で口座を開設するのと同じで、口座を開設したい店舗まで足を運び、「会社名義で普通預金の口座を開設したいのですが、、、」と要件を伝えると、担当者が出てきて、専用の窓口に案内されます。(余談ですが、法人窓口は個人窓口と異なり豪華な作りとなっていることが多く、ちょっとだけ優越感に浸れます)

 あとは個人で開設するのと一緒で、口座開設申込書に必要事項を記入すればOKです。

 口座開設時に持っていく持ち物ですが、

  • 会社の登記簿謄本
  • 会社の定款
  • 銀行印に使用する印鑑

 この3点は絶対に必要です。場合によっては、

  • 会社の印鑑証明書
  • 会社実印(代表印)
  • 身分証明書(車の免許証など)

 の提出を求められることもありますので、金融機関に出かける時は用意しておくとようにしましょう。

口座開設の際に金融機関の担当者に「面談」されることもある!

 個人で銀行口座を開設するのとは大きく異なり、会社で口座を開設するときはいろいろと会社のことを聞かれます。(このことを弊社では「面談」と呼んでいます)。

 私自身、いろいろな銀行の支店で法人口座の開設に携わったことがありますが、都心部の大きな支店よりも、住宅地の中にあるような金融機関の支店の方が、聞いてくる度合いが高いような気がします。(大きな支店では忙しすぎてそんな時間がないのでしょうか?)

  • 代表取締役の氏名・住所・生年月日・経歴など基本事項及び、過去に不渡・ローン・クレジットの延滞等がないか?
  • 会社の設立地、資本金の額、事業内容など
  • なぜこの支店に口座を開設したいのか?
  • どの程度この金融機関と取引をしてくれるのか?
    (公共料金の引き落とし、給料の支払い、定期預金、インターネットサービスなどどれぐらいこの金融機関を利用してくれるのか?)

 簡単に言えば、

  • この人は信用をおける人か?
  • なぜこの金融機関を選んだのか?
  • 何をする会社?
  • どの程度付き合ってくれるの?

 というようなことを聞き出したいようです。普通に誠実に対応しておけば大丈夫だと思います。

 中には「よほど会社の口座を作られるのがイヤなんだな」と思ってしまうぐらい担当者が渋い顔をするところもあります。そういうときは他の金融機関又は同じ金融機関でも他の支店で開設しましょう。

京都の株式会社設立のご相談を無料で承ります

会社の名称・事業目的・本店所在地の決定など「会社設立前の準備段階」から専門家ならではの知識を活かしたコンサルティングを行っており、起業・開業をバックアップいたします。是非弊社の無料相談をご利用下さい。

交通費無料で会社設立をさせていただく京都府の地域一覧
  • 京都内
  • 宇治
  • 亀岡
  • 城陽
  • 向日
  • 長岡京
  • 八幡
  • 京田辺
  • 南丹
  • 大山崎町
  • 久御山町
  • 井手町
  • 宇治田原町
  • 山城町
  • 木津町
  • 加茂町
  • 笠置町
  • 和束町
  • 精華町
  • 南山城村
  • 京丹波町
  • 福知山
  • 舞鶴
  • 綾部
  • 宮津
  • 京丹後
  • 伊根町
  • 与謝野町

などの京都府全域及びその他近畿圏(大阪・兵庫・奈良・滋賀・和歌山)にて交通費無料で会社設立が可能です

京都の株式会社設立お申込

本日のお申込で会社設立予定日は

12/20(水)

01/05(金)

無料相談
面談予約

専門家に依頼するメリット

会社設立依頼に関するQ&A

起業支援コンサルタントとして皆様の会社設立をバックアップいたします。

京都地方法務局(本局)
提出から5日後
宇治支局
提出から5日後
京田辺出張所
提出から4日後
木津出張所
提出から5日後
園部支局
提出から4日後
亀岡出張所
提出から5日後
宮津支局
提出から2日後
京丹後支局
提出から5日後
舞鶴支局
提出から2日後
福知山支局
提出から2日後

大阪 会社設立をお考えなら、「大阪府の会社設立手続」の解説をぜひお読みください。

会社設立費用から手続き方法、よくあるご質問まで網羅。無料で大阪会社設立についてのご相談も承っております。


兵庫県西宮市甲子園七番町4-22   TEL:0798-41-2989  FAX:020-4623-2559 または 0798-41-3141