会社を設立すると得られるメリット

会社組織が個人事業と比べて、すべての面で有利であるとは限りません

京都での会社設立代行は甲子園法務総合事務所で

京都の株式会社設立  » 会社を作る前に  » 会社設立のデメリット

会社設立のデメリットについて

1. 様々な規制がついてくる

 会社組織が個人事業と比べて、すべての面で有利であるとは限りません。
2006年5月1日より、

  • 「有限会社の資本金は300万円」
  • 「株式会社の資本金は1000万円」

といった資本金の最低額が撤廃され、『資本金は1円以上ならばOK」というように大幅に改善され、以前と比べると制約は減っているのですが、個人事業と比べると多くの規制が残っています。

 たとえば業種を変更する際、会社の場合は定款の「目的」内に制限されるのに対して、個人事業の場合は定款など存在しませんので、自由にできます。

 そして、いざ会社設立という際に、他に出資者がいる場合には、会社が活動し、意思決定をするうえで、その出資者の意思を無視することができない場合があります(個人事業の場合は経営者のワンマン経営が可能です)。

 出資金額に見合った利益分配(合同会社の場合は定款に定めた比率による分配)もしなければいけないので、儲けを独り占めすることもできなくなります。

 事業を廃止するときも、個人事業ならば税務署への届出だけで済みますが、会社組織の場合は税務署への届出だけでなく、「会社の解散登記」も必要になります。会社の解散登記で3万円の収入印紙代、清算結了登記で2000円の収入印紙代、合計で3万2000円の印紙負担が発生します。(会社の規模によってはこの金額以上の金銭負担になります)

2. 利益が出ていなくても税金がかかる

 会社を設立すると利益が出ているかどうかに関係がなく、毎年、

  • 法人道府県民税均等割  約2万円
  • 法人市町村民税均等割  約5万円

の負担が発生します。これらの税金は個人事業では発生しないものです。

3. 会計処理などの事務負担が個人事業よりは大きくなる

 個人事業と比べて、会社の場合、事務負担は大きくなります。事務負担は、

  • 会計処理
  • 社会保険や労働保険の手続
  • 会社組織に関する手続

 に分けることができます。

 会計処理についてですが、個人事業のときから「青色申告」で申告されていた方は、会計処理の方法は変わりませんので、日々の経理作業に関してはそれほど変わりません。大きく異なってくるのは「税務申告」の時です。

 個人事業ならば「弥生会計」や「会計王」などのコンピュータ会計ソフトに領収書や売上を入力していけば、ボタン一つで確定申告の書類が作成できてしまいます。

 会社でもこれら会計ソフトは使用することができるのですが、会社の税務申告の方法は個人事業と比べて複雑ですので、「税務申告書」までは作成してくれません。

 よって、会社の場合は、会計ソフトが作成した「決算書」の数字を基に、税務申告の用紙に数字を転記していくことになります。

 きちんとお金の出入りが正確に入力されているならば、決算書も正確なはずですので、その決算書をプリントアウトし、税務署に持っていって「申告書の書き方を教えて下さい」と申し出れば、税務署職員に指導してもらえますが、個人事業時代の「ボタン一つで」に比べると、手間には違いありません。

 税務申告を税理士に依頼することもできますが、個人事業より税務申告書の作成が複雑になりますので、個人事業の申告より高額の依頼料を負担しなければいけません。

 社会保険の事務についてですが、法人は社会保険への加入が義務づけられています。

 社会保険は加入時だけではなく、年1回の定期的な届出や申告も必要です。それだけでなく、従業員の入退社、結婚、賃金改定等、その度に手続が必要になります。

 社会保険や労働保険と無縁だった個人事業主が会社を設立すると、こうした社会保険関係の事務手続きも確実に増えることになります。

 会社組織に関する事務についてですが、登記簿謄本に記載されている登記事項に変更があった場合には、その度に登記を変更しなければいけません。個人事業には「登記簿謄本」自体が存在しませんので、この手続も事務負担が増加する原因となります。

 しかし、こうしたデメリットを考慮しても

  • 定款を作成し、規則に沿って事業展開をしている
  • 資本金を一定額投資している
  • 役員の住所氏名が登記簿謄本を見れば一目瞭然である

 などで対外的信用を得られることを考えると、総合的にみて会社組織にしたほうが断然メリットは多いです。

 これらデメリットの部分は『会社が社会的信用を高めるにあたって必要不可欠な手続負担』といえます。このデメリットを負担しても「会社設立の方が有利」と思える方のみ会社設立を御検討下さい。

京都の株式会社設立のご相談を無料で承ります

会社の名称・事業目的・本店所在地の決定など「会社設立前の準備段階」から専門家ならではの知識を活かしたコンサルティングを行っており、起業・開業をバックアップいたします。是非弊社の無料相談をご利用下さい。

交通費無料で会社設立をさせていただく京都府の地域一覧
  • 京都内
  • 宇治
  • 亀岡
  • 城陽
  • 向日
  • 長岡京
  • 八幡
  • 京田辺
  • 南丹
  • 大山崎町
  • 久御山町
  • 井手町
  • 宇治田原町
  • 山城町
  • 木津町
  • 加茂町
  • 笠置町
  • 和束町
  • 精華町
  • 南山城村
  • 京丹波町
  • 福知山
  • 舞鶴
  • 綾部
  • 宮津
  • 京丹後
  • 伊根町
  • 与謝野町

などの京都府全域及びその他近畿圏(大阪・兵庫・奈良・滋賀・和歌山)にて交通費無料で会社設立が可能です

京都の株式会社設立お申込

本日のお申込で会社設立予定日は

12/20(水)

01/05(金)

無料相談
面談予約

専門家に依頼するメリット

会社設立依頼に関するQ&A

起業支援コンサルタントとして皆様の会社設立をバックアップいたします。

京都地方法務局(本局)
提出から5日後
宇治支局
提出から5日後
京田辺出張所
提出から4日後
木津出張所
提出から5日後
園部支局
提出から4日後
亀岡出張所
提出から5日後
宮津支局
提出から2日後
京丹後支局
提出から5日後
舞鶴支局
提出から2日後
福知山支局
提出から2日後

大阪 会社設立をお考えなら、「大阪府の会社設立手続」の解説をぜひお読みください。

会社設立費用から手続き方法、よくあるご質問まで網羅。無料で大阪会社設立についてのご相談も承っております。


兵庫県西宮市甲子園七番町4-22   TEL:0798-41-2989  FAX:020-4623-2559 または 0798-41-3141